シンバル ショット(Cymbal shot)

ドラム・プレイの中でもハイハットの次に使われることが多い、クラッシュ・シンバルとライド・シンバルのショットの方法などを見ていこう。 ⇒ハイハットショット クラッシュ・シンバル クラッシュ・シンバルは、スネア・ドラムやタム類と同じように、4つのストロークを使ってショットする。 スティックのあたる面積が大きいほど、クラッシュならでは衝撃的なサウンドが得られるため、シンバルヘのスティックショットは、ショルダーからチップにかけて全体的にあたるように心がける。 ロック系の場合は、クラッシュ・シンバルを単独でショットせず、バス・ドラムやスネア・ドラムといっしょにショットして、サウンドに厚みを出すのが一般的 … 続きを読む シンバル ショット(Cymbal shot)

» シンバル ショット(Cymbal shot)の続きを読む

ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワーク

ハイハットとは、13インチから16インチ位の口径の小さなシンバルを向き合うように重ね合わせ、これを水平にセットして足で開閉したりスティックでショットするシンバルである。 水平にセットされたときの上になるシンバルをトップ、下側をボトムという。 ビートの基本リズムをつくり出すのが、ハイハット。 そのサウンドにいろいろなニュアンスを加えるための、いくつかショットのスタイルがある。 また、動きとしては、バスドラムを踏むときにハイハットを開く、バスドラムを踏むのと同時にハイハットを閉めるなどの表現方法がある。 ハイハット・ショットの基本的な奏法としては、アクセントとノー・アクセントの2つのショットがあげ … 続きを読む ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワーク

» ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワークの続きを読む

バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)

バスドラムはドラム・ペダルをキック(踏む)して音を出す楽器である。 そのキックの方法もサウンドやフレーズによって、いくつかに分類ができる。 通常のドラムのフレーズに対する基本的なキック、一般的な奏法はペダルのフット・ボードにかかとをつけるヒール・ダウン奏法、かかとを少し浮かせてキックするヒール・アップ奏法の2つである。 ヒール・アップ奏法の方が多くのドラマーに使用される。 ⇒バスドラム ヒール・ダウン/ヒール・アップ バスドラムのペダルワークのヒール・ダウン、ヒール・アップについて。 ヒール・ダウン奏法 ヒール・ダウン奏法は、姿勢が安定しやすくビギナーでもキックしやすいのが特徴。 ペダルのフッ … 続きを読む バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)

» バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)の続きを読む

ハーモニックス(Harmonics)

ハーモニックスは、倍音を取り出すテクニック。ハーモニックス(Harmonics)には、ナチュラル・ハーモニックス、人エハーモニックス、ピッキング・ハーモニクスがある。 ナチュラル・ハーモニックス ナチュラル・ハーモニックスは、開放弦の、ある決まったポイント上(弦長の1/2、1/3、1/4等)に左手の指で軽く触れ、弦を浮かせて押弦しない状態のまま右手でピッキングする。基本的なものでは、チューニングで使う5、7、12フレット。このように、開放弦上の決まったポイントで得られるハーモニックスを“ナチュラル・ハーモニックスと呼び、後述の“人工ハーモニックスと区別している。、ベースはギター以上に倍音を多く … 続きを読む ハーモニックス(Harmonics)

» ハーモニックス(Harmonics)の続きを読む

トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)

ギター・ベースなどの奏法であるトリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)について。 トリル(trill,トリラー) トリルは、あるひとつの音と、その半音または全音上(あるいは半音または全音下。音程差はこれにとどまらない)の音とを細かく連続して出すために用いるテクニックで、具体的には前述のハンマリング・オンとブリンク・オフとを交互に細かく連続させるもの。きれいな音を維持させるには、一定の安定した強さでのハンマリング・オンとブリンク・オフが必要になる。記譜では音符に“tr~~~ヽ”をつける。 ビブラート(vibrato) ビブラートは、上記のトリ … 続きを読む トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)

» トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)の続きを読む

ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)

ハンマリング・オン(hammering on)とプリング・オフ(pulling off) ハンマリング・オン(hammering on,hammer on) ハンマリング・オンは、字の如くハンマー(hammer)で打つという意味で、ひとつの音を出したあとに連続して、右手のピッキングを用いずに左手の指で弦を叩きながら押弦して音を出すテクニック。 ハンマリング・オンは利用価値が非常に高く、さまざまな奏法やフレージングで有効であり、スラッピングでもよく利用される。上行スラーの付いたレガートに“h.”(またはh.o.”)と記された部分で用いられる。ベースの場合、弦が太くてテンシ … 続きを読む ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)

» ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)の続きを読む

ピック弾き

ギターやベースの基本的な奏法の一つであるピック弾きについて。 ピック弾き ピック弾きは、ギターやベースとおった弦を用いた楽器の基本的な奏法であり、右手人差指の側面と親指の腹でピックをしっかりはさんで持って弦を弾く弾き方。 ピックを用いてそれら楽器を弾くことでアタック感のあるやや硬めの音が出る。 また、ピック弾きにおいては、ピックの材質や硬さ、持ち方、弦にあたる角度などで音色は変わる。 ピックでギターやベースを弾く ピック弾きはギターやベースなど楽器をはじめたときの奏法としてのとっつきやすさは抜群で、特にダウン・ピッキングだけならそれほど握力や腕力がなくてもとりあえず音は出る。 ただ、ピッキング … 続きを読む ピック弾き

» ピック弾きの続きを読む

指弾き(ツー・フィンガー)

指弾き(ツー・フィンガー) 指弾きは、基本的には右手人差指と中指を使う、もっとも基本的であらゆるタイプのサウンドをカバーできる奏法で、甘く温かみのある丸くて太い音が得やすく、繊細かつ微妙な強弱(表情)をつけやすい。特に、ソフトなアタック感が要求されるフレットレスやアコーステイヅク、エレアコなどでは、指弾きが圧倒的に多い。 あらゆるフレーズに対応可能で、スラッピングやスリー・フィンガー=(アルペジオ)などの他の奏法にも移行しやすいのでサウンドのバリエーションも豊富。特にペースの場合はトリッキーなフレ一ズの多くは指弾きによるものが多く、変則フレーズやコード弾き、アルペジオなど、さまざまなテクニック … 続きを読む 指弾き(ツー・フィンガー)

» 指弾き(ツー・フィンガー)の続きを読む