チューニング(tuning)

チューニング(tuning、調弦)とは、ペグを操作して正確に音を合わせることである。 楽器には音域があり、その音はヘルツ(Hz)という周波数の単位で表す。一般的なピッチ(音程)はA=440Hz、オーケストラでは442Hzで合わせる。 主にチューナーを用いる方法と音叉等で軸となる音(A)を合わせてから各弦を調整する方法がある。 レギュラーチューニング レギュラーチューニングは、 ギターは低い方の弦(6弦)からEADGBE ベースは低い方の弦(4弦)からEADG であるが、半音下げ(すべての弦で半音ずつ下げる)や1音下げなどもあり、また、オープンDやオープンEなど、全ての開放弦のみを弾くことでコー … 続きを読む チューニング(tuning)

» チューニング(tuning)の続きを読む

ボディ材 ギターやベースのボディ素材

ギターやベースなど、楽器のボディ材でかなり音が異なるので、一般的な材のおおまかな特徴を列挙してみよう。 アルダー(Alder) アルダー(Alder)は、カバノキ科ハンノキ属の広葉樹。主な産地は太平洋北西海岸。 クリアで枯れた感じのするタイトな中域がしっかりしたバランスのいい音。 アッシュと並びギター・ベースのボディ材として広く使用される。重量は軽い。 アッシュ(Ash) アッシュ(Ash)は音ヌケが良い木材。 ホワイトアッシュ(White Ash) ホワイトアッシュ(White Ash)は、ワイドレンジで腰のある中低音とクリアーな中高域を持ち、音の立ち上がり音ヌケが良くクリアで締まった音。輪 … 続きを読む ボディ材 ギターやベースのボディ素材

» ボディ材 ギターやベースのボディ素材の続きを読む

ギター・ベース各部

ボディ   ギターやベースの形状を決める部分。基本的には木(アルダー、アッシュ、ライトアッシュ、マホガニー、メイプル、ポプラ等)でできており、音に多大な影響を及ぼす。 ネック 左手で握る部分。フレットが打ち込まれており(フレットレスもある)、ボディ同様、基本的には木(主にメイプル)でできている。 指板(フィンガー・ボード) ネックの正面部分。ネックとは違う材が貼られている場合もある。(ローズウッド(インディアン・ローズウッド)、ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)、エボニー、メイプル) フレット 音程を区切っている金属製のバー。 ヘッド ネックの先端に位置し、ベグが取り付けられて … 続きを読む ギター・ベース各部

» ギター・ベース各部の続きを読む

ギターメーカー(Guitar maker)一覧

ギターメーカー(Guitar maker)一覧 Electric Guitar maker A-Z A ALAMO American Showstar Aria(アリア)Aria ProII   ARISTIDES INSTRUMENTS  ALEMBIC(アレンビック) B B.C.Rich B.C.Rich USA Bacchus Baldwin Blitz by Aria ProⅡ BLUESOUTH Burny Buzz Feiten Guitars BEHRINGER BRIAN MAY GUITARS BLAST CULT(ブラストカルト) BUSKER’S(島村楽器) C Cha … 続きを読む ギターメーカー(Guitar maker)一覧

» ギターメーカー(Guitar maker)一覧の続きを読む