ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)

Gibson / Les Paul Standard 2008 Ebony (ギブソン エレキギター レスポールスタンダード) Les Paul Standard 2008 Ebonyは、1952年のレス・ポール誕生から50年以上の時を経て、常に最先端で進化を続けるレスポール・スタンダードの最新モデル。 伝統的なスペックを継承しながら、ロック式のチューナー、ブリッジ&テールピース、ジャックを採用。 … 続きを読む ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)

» ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)の続きを読む

テレキャスター(Telecaster)

1949年のプロトタイプ「エスクワイア」の発表を経て1950年に発売。当初の商標は「ブロードキャスター」(Broadcaster)であったが同名製品を抱えるグレッチ社から抗議を受けた末に「テレキャスター」に変更。 テレキャスター(Telecaster)は、ソリッドボディのエレキ・ギターとしては世界で初めて量産されたモデル。 テレキャスター(Telecaster)は、空洞を持たないボディの他にもボル … 続きを読む テレキャスター(Telecaster)

» テレキャスター(Telecaster)の続きを読む

ストラトキャスター(Stratocaster)

ストラトキャスター(Stratocaster)は、フェンダー社が1954年から発表・発売を行っているエレクトリックギターの機種。テレキャスターと共にフェンダー社を代表するギター。 ボディ材は、1954年の発売当初はアッシュを用いていたが、後にアルダーや少量だがアメリカン・バスウッドも用いられるようになった。アッシュは音の立ち上がりがよく存在感がある、アルダーは中域に特徴がある、アメリカン・バスウッ … 続きを読む ストラトキャスター(Stratocaster)

» ストラトキャスター(Stratocaster)の続きを読む

ハーモニックス(Harmonics)

ハーモニックスは、倍音を取り出すテクニック。ハーモニックス(Harmonics)には、ナチュラル・ハーモニックス、人エハーモニックス、ピッキング・ハーモニクスがある。 ナチュラル・ハーモニックス ナチュラル・ハーモニックスは、開放弦の、ある決まったポイント上(弦長の1/2、1/3、1/4等)に左手の指で軽く触れ、弦を浮かせて押弦しない状態のまま右手でピッキングする。基本的なものでは、チューニングで … 続きを読む ハーモニックス(Harmonics)

» ハーモニックス(Harmonics)の続きを読む

トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)

トリル(trill,トリラー) トリルは、あるひとつの音と、その半音または全音上(あるいは半音または全音下。音程差はこれにとどまらない)の音とを細かく連続して出すために用いるテクニックで、具体的には前述のハンマリング・オンとブリンク・オフとを交互に細かく連続させるもの。きれいな音を維持させるには、一定の安定した強さでのハンマリング・オンとブリンク・オフが必要になる。記譜では音符に“tr~~~ヽ&# … 続きを読む トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)

» トリル(trill)ビブラート(vibrato)グリッサンド(glissando)の続きを読む

ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)

ハンマリング・オン(hammering on)とプリング・オフ(pulling off) ハンマリング・オン(hammering on,hammer on) ハンマリング・オンは、字の如くハンマー(hammer)で打つという意味で、ひとつの音を出したあとに連続して、右手のピッキングを用いずに左手の指で弦を叩きながら押弦して音を出すテクニック。利用価値が非常に高く、さまざまな奏法やフレージングで有効 … 続きを読む ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)

» ハンマリング・オン(hammering on)、プリング・オフ(pulling off)の続きを読む