ドラムヘッド Drum head

スネア・ドラムやバス・ドラムなどタイコ系のパーツに必ず張つてあるのがこのヘッド。 ドラムヘッドとはシェルの打面(トップ)及び裏面(ボトム)に張られた皮のことである。 かつては牛や馬の皮をなめしたものがヘッドとして使われていたが、湿気など天候次第でチューニングがすぐに変化してしまうデメリットを持っていた。現在では本皮(カーフスキン)が使われることはまれで、どんな天候でも影響を受けないプラスティック製のヘッドが主流。 現在ではいろいろな処理を施されたものが開発されているが、ヘッドの種類によっては同じドラムでもサウンドがかなり大きく変化するほど影響を与える。ドラムヘッドの厚さは、エンペラー(一番厚く … 続きを読む ドラムヘッド Drum head

» ドラムヘッド Drum headの続きを読む

投稿日: カテゴリー drum

宇佐丸白書1周年☆

祝☆宇佐丸白書一周年☆ みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 みなさまのおかげで宇佐丸白書は一周年を迎えました! アクセス数は開設当初と比較しても仕方ないので、3ヶ月目と比較してみましょう。 。。。。 20倍以上になっています。ありがとうございます! 記念ボーナスとして宇佐丸におやつとセロリをあげることにします。 1周年記念企画として、この4月はすごい(かもしれない)勢いでコンテンツを充実させていきます。 いたらぬ点が多いですが、温かく見守ってください。 第一弾 DTM用語集 第一弾といたしまして、DTM用語集ができあがりました。 よろしければお使いください。 DTM用語 音楽用語 新キャラ  … 続きを読む 宇佐丸白書1周年☆

» 宇佐丸白書1周年☆の続きを読む

JaccaPoP

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=aJgQophY9jg[/youtube] 公式サイトより転載(引用) ”現代の隙をついた、愛と脱力感満載の歌詞を、無邪気なビジュアルと甘い歌声で解き放つ”MIRU”(Vocal)と、 バラエティーに富んだ独特の世界観を持つ”SUN”(Programming / Sound Produce)によるユニット”JaccaPoP(ジャッカポップ)”。 2009年9月9日、タワーレコード、HMV、TSUTAYAなどのCDショップだけでなく、VILLAGEVANGUARD、ITS’DEMO(イッツデモ)などの 雑貨店でも売り … 続きを読む JaccaPoP

» JaccaPoPの続きを読む

MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサー

MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサーエフェクターについて。 MXR M102 Dyna Comp Compressor MXR(エム・エックス・アール) Dyna Comp コンプレッサー(ギター用エフェクター) MXR M102 Dyna Comp Compressor 定番のギターコンプレッサー。パーカッシブなアクセントを付けたり、ロングサスティンのクリーンサウンドを演出。Sensitivityでサスティンとパーカッシブ感をコントロール。 電源9V: 乾電池006Pまたは9VACアダプタ MXR M132 Super Comp Compressor MXR M132 Super … 続きを読む MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサー

» MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサーの続きを読む

BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズ

BOSS(ボス) マルチエフェクター GTシリーズ BOSS GT-100 マルチエフェクター 最新カスタムDSPと飛躍的に進化したCOSMテクノロジーによる革新的なオリジナル・アンプを搭載。ユーザー・インターフェースも一新したBOSSフロア・マルチ・シリーズのフラッグシップ・モデル。 GT-100は、圧倒的なサウンド・クオリティと弾き心地の良さで世界中のギタリストから絶大なる支持を得るGTシリーズの最高峰モデル。 強力な性能を誇る最新のカスタムDSPチップにより、既存のアンプを超越したオリジナル・アンプ「ADVANCED AMP」を新たに搭載。 また、ビンテージ・アンプのモデリングもその表現 … 続きを読む BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズ

» BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズの続きを読む

BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズ

BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズについて。 BOSS ME-70 マルチエフェクター BOSS ME-70 マルチエフェクターは、ME-50から継承した使いやすさや伝統的なフォルムはそのままに数多くのコントロールを残す事でまるで使いなれたコンパクトエフェクターを並べただけのようなBOSSのイキな計らいを残して新DSPチップによる音質向上はもちろん、Legendシリーズや上位機種であるGT-10から新たに引き出されたCOSMプリアンプ機能を搭載。 同じくGT-10より、最大38秒もの大容量記憶が可能なPHRASE LOOP機能を搭載。 さらにGT-10で大好評であった機能とも言 … 続きを読む BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズ

» BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズの続きを読む

ディレイ (Delay)エフェクター

ディレイ(delay)は、信号が遅れることで信号を遅延させるディレイ・マシンやエフェクターを略称してこう呼ぶこともある。 このディレイは、反響音(エコー)をシミュレートし、山びこのように音を遅れさせる空間系エフェクター。 音を少し遅らせて、原音に遅れた音をミックスすることによって、ふたつに聴こえるようにすることで、一定の間隔で山びこのような音がかえってくる感じ(エコー効果)を作る。 ディレイエフェクターの操作次第では、ステレオ効果や広いホールでプレイしているような残響感を出したり、遅れる時間を短くしてふたりでユニゾンで弾いているような効果を作ったり、リズムと遅れのテンポを合わせて単独では弾けな … 続きを読む ディレイ (Delay)エフェクター

» ディレイ (Delay)エフェクターの続きを読む

BOSS(ボス) デジタルディレイ

ディレイエフェクターのうち、BOSS(ボス)のデジタルディレイについて。 BOSS ディレイ DD-3 BOSS ディレイ DD-3は、ディレイ・タイムの3段階モード切り換えに加えて、ディレイ・タイムの微調整ができるD.TIMEコントロールを搭載。12.5ms~800msまでディレイ・タイムを連続可変できスピーディに設定できる。 さらにBOSS ディレイ DD-3はホールド・モードも内蔵。出力にはバイパス音とエフェクト音を個別に出力できるダイレクト・アウトを搭載し、レコーディング、ライブに関わらず多彩なサウンド・メイクが可能。 コンパクトな筐体にラック・クオリティのディレイ機能を内蔵した“ボス … 続きを読む BOSS(ボス) デジタルディレイ

» BOSS(ボス) デジタルディレイの続きを読む

フランジャー(Flanger)エフェクター

主にギターのエフェクターとして使用されるフランジャー(Flanger)について。 フランジャー(Flanger) ディレイ回路を使用して微妙に遅らせた信号(0.5~5msec前後)を原音と干渉させて、ピッチ上下がハードでシャープなトレモロ効果を得られ、ジェットサウンドを作り出すことのできるエフェクター。 ⇒モジュレーション(Modulation)系エフェクター BOSS フランジャー BF-3 BF-3は過激なまでに強烈な効果のULTRAモードを含む、ステレオ接続時のパンなど、4つの多彩なモードで、これまでにない新しいフランジング・サウンドを獲得。強烈なインパクトのパフォーマンスを実現。 さら … 続きを読む フランジャー(Flanger)エフェクター

» フランジャー(Flanger)エフェクターの続きを読む

シンバル ショット(Cymbal shot)

ドラム・プレイの中でもハイハットの次に使われることが多い、クラッシュ・シンバルとライド・シンバルのショットの方法などを見ていこう。 ⇒ハイハットショット クラッシュ・シンバル クラッシュ・シンバルは、スネア・ドラムやタム類と同じように、4つのストロークを使ってショットする。 スティックのあたる面積が大きいほど、クラッシュならでは衝撃的なサウンドが得られるため、シンバルヘのスティックショットは、ショルダーからチップにかけて全体的にあたるように心がける。 ロック系の場合は、クラッシュ・シンバルを単独でショットせず、バス・ドラムやスネア・ドラムといっしょにショットして、サウンドに厚みを出すのが一般的 … 続きを読む シンバル ショット(Cymbal shot)

» シンバル ショット(Cymbal shot)の続きを読む

ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワーク

ハイハットとは、13インチから16インチ位の口径の小さなシンバルを向き合うように重ね合わせ、これを水平にセットして足で開閉したりスティックでショットするシンバルである。 水平にセットされたときの上になるシンバルをトップ、下側をボトムという。 ビートの基本リズムをつくり出すのが、ハイハット。 そのサウンドにいろいろなニュアンスを加えるための、いくつかショットのスタイルがある。 また、動きとしては、バスドラムを踏むときにハイハットを開く、バスドラムを踏むのと同時にハイハットを閉めるなどの表現方法がある。 ハイハット・ショットの基本的な奏法としては、アクセントとノー・アクセントの2つのショットがあげ … 続きを読む ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワーク

» ハイハット(hi-hat)ショット/ペダルワークの続きを読む

バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)

バスドラムはドラム・ペダルをキック(踏む)して音を出す楽器である。 そのキックの方法もサウンドやフレーズによって、いくつかに分類ができる。 通常のドラムのフレーズに対する基本的なキック、一般的な奏法はペダルのフット・ボードにかかとをつけるヒール・ダウン奏法、かかとを少し浮かせてキックするヒール・アップ奏法の2つである。 ヒール・アップ奏法の方が多くのドラマーに使用される。 ⇒バスドラム ヒール・ダウン/ヒール・アップ バスドラムのペダルワークのヒール・ダウン、ヒール・アップについて。 ヒール・ダウン奏法 ヒール・ダウン奏法は、姿勢が安定しやすくビギナーでもキックしやすいのが特徴。 ペダルのフッ … 続きを読む バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)

» バスドラム ペダルワーク(bass drum pedal work)の続きを読む

MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)

MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー) MXR M108 10 Band Graphic EQグラフィックイコライザー MXR M108 10 Band Graphic EQは10帯域のイコライザーとボリューム、ゲインコントロールを搭載したグラフィックイコライザー。ギターだけではなく、ベースやキーボードにも対応。 M-109より細かい調節ができ、入出力別のレベルコントロールがあるため、シングルPUからハムバッカーまで適切なゲインコントロール (+/-12dB)ができる。 EQ基本となる音色のセッティングからハウリング対策まで、自在なコントロールが可能 … 続きを読む MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)

» MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)の続きを読む

ドラムチューニング(drum tuning)

ドラムの各部はボルトを締めたりゆるめたりしてヘッドの張り具合を調整し、各パーツの音を自分の思ったとおりのサウンドを作っていく。 基準はピッチ(音の高さ)、アタック感、サスティン(音の伸び)の3つ。 また、ドラムの音はいくつかの倍音(オーヴァートーン)が含まれている。たとえばスネア・ドラムの打面をスティックで叩くときに、手で触りながら叩いた音と何もない状態で叩いた音とを比べてみれば、かなりの違いがある。これは手によって倍音がカットされたことを意味するもので、ドラムの場合はこの状態を手でなく他のもので行う(ミュート)。 チューニングに用いるのは、チューニングキー、グリス、ミュート類、乾いた布、ドラ … 続きを読む ドラムチューニング(drum tuning)

» ドラムチューニング(drum tuning)の続きを読む

フィンガー・ボード(Finger board,指板)

フィンガー・ボード(Finger board,指板)は、ネックの表面に貼られた薄く長い木片。演奏時に弦を指板に押さえつける位置を変えることにより、振動長を変え、結果的に音程が変わる。 フレットは長期間の使用に伴い摩耗して、ビビりが発生する。この際、フレットの打ち直しが必要となる。 フィンガー・ボード(指板)の材 フィンガー・ボード(指板)の材の分類。 ⇒ボディ材 ローズウッド(インディアン・ローズウッド) 音立ちのはっきりした締まった音(材が汗を吸収してくれるので滑りにくいというメリットもある)。 ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド) さらにアタッキーでサスティンをよくした感じ(現在は少な … 続きを読む フィンガー・ボード(Finger board,指板)

» フィンガー・ボード(Finger board,指板)の続きを読む