エフェクター概論

エフェクター(effects unit, effects pedal,stomp box,EFX)とは、音に特殊な効果(effect、エフェク卜)を与える装置であり、主に楽器の原音や音声に音響効果を加える装置のことである。 楽器とアンプの間にエフェクターをセットすることで楽器の音を加工し、そうして加工された音がアンプのスピーカーやヘッドフォンから出てくるという手順でサウンドを変化させる。 エフェクトの系統 エフェクターは、主に、歪み系、空間系(反響、残響系)、モジュレーション系、補正系の4つの系統に分けられる。 エフェクターをもちいることで、サウンドに特殊な効果をプラスできるだけでなくスイッチ … 続きを読む エフェクター概論

» エフェクター概論の続きを読む

Jazz Bass(ジャズベース)

ジャズベース (Jazz bass,一般的な略称はジャズベ、JB)とは、1960年にフェンダー社から発売されたエレクトリック・ベースで、レオ・フェンダー (Leo Fender) が設計開発した中では2機種目にあたる。 ジャズマスターの流れを汲むオフセット・コンター・デザインを導入したボディを持ち、プレシジョンベースのサウンドをさらに拡張し様々なジャンルに適応させるため、ピックアップ(PU)がフロントx1、リアx1の2つが搭載されるようになった。2つのピックアップのバランスを調整した幅広いサウンド・メイキングや、ブライトなトーンと腰のある中低域、全体的な倍音の多さが特徴。 このジャズ・ベースの … 続きを読む Jazz Bass(ジャズベース)

» Jazz Bass(ジャズベース)の続きを読む

投稿日: カテゴリー bassタグ

Precision Bass(プレシジョン・ベース)

1951年に発売されたプレシジョン・ベース(Precision Bass,一般的な略称はプレベ、PB)は、量産品としては世界で初めてソリッド(単板)ボディを採用したエレクトリック・ベースであり、また、楽器史上初のフレットを持つベースである。 1950年にプレシジョンベースのプロト・タイプ 当時のフェンダーの経営者であり、発明家でもあった故レオ・フェンダー(Leo Fender)は、“重くて大きいウッドベースは扱いづらく、フレットレスでは音程を合わせるのが難しい”といったベーシストたちの声を耳にし、そこからこのモデルの開発を思いつき、1950年にプロト・タイプが作られた。フレットによ … 続きを読む Precision Bass(プレシジョン・ベース)

» Precision Bass(プレシジョン・ベース)の続きを読む

投稿日: カテゴリー bassタグ