Van Zandt(ヴァンザント) ピックアップ

Van Zandt(ヴァンザント)のピックアップ。 ストラトキャスタータイプピックアップ Van Zandt(ヴァンザント)のストラトキャスタータイプピックアップ TRUE VINTAGE(5.8kΩ前後) 仕様 5.8kオーム前後 ’54~’59年のメイプルストラトのカラッと乾いたサウンドを忠実に再現。アッシュ・ボディとのマッチングにおいても耳に痛い高域を抑えながらも抜け … 続きを読む Van Zandt(ヴァンザント) ピックアップ

» Van Zandt(ヴァンザント) ピックアップの続きを読む

フィンガー・ボード(Finger board,指板)

ネックの表面に貼られた薄く長い木片。演奏時に弦を指板に押さえつける位置を変えることにより、振動長を変え、結果的に音程が変わる。 フレットは長期間の使用に伴い摩耗して、ビビりが発生する。この際、フレットの打ち直しが必要となる。 フィンガー・ボード(指板)の材 ⇒ボディ材 ローズウッド(インディアン・ローズウッド) 音立ちのはっきりした締まった音(材が汗を吸収してくれるので滑りにくいというメリットもあ … 続きを読む フィンガー・ボード(Finger board,指板)

» フィンガー・ボード(Finger board,指板)の続きを読む

ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)

Gibson / Les Paul Standard 2008 Ebony (ギブソン エレキギター レスポールスタンダード) Les Paul Standard 2008 Ebonyは、1952年のレス・ポール誕生から50年以上の時を経て、常に最先端で進化を続けるレスポール・スタンダードの最新モデル。 伝統的なスペックを継承しながら、ロック式のチューナー、ブリッジ&テールピース、ジャックを採用。 … 続きを読む ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)

» ギブソンレスポール(Gibson Les Paul)の続きを読む

テレキャスター(Telecaster)

1949年のプロトタイプ「エスクワイア」の発表を経て1950年に発売。当初の商標は「ブロードキャスター」(Broadcaster)であったが同名製品を抱えるグレッチ社から抗議を受けた末に「テレキャスター」に変更。 テレキャスター(Telecaster)は、ソリッドボディのエレキ・ギターとしては世界で初めて量産されたモデル。 テレキャスター(Telecaster)は、空洞を持たないボディの他にもボル … 続きを読む テレキャスター(Telecaster)

» テレキャスター(Telecaster)の続きを読む

ストラトキャスター(Stratocaster)

ストラトキャスター(Stratocaster)は、フェンダー社が1954年から発表・発売を行っているエレクトリックギターの機種。テレキャスターと共にフェンダー社を代表するギター。 ボディ材は、1954年の発売当初はアッシュを用いていたが、後にアルダーや少量だがアメリカン・バスウッドも用いられるようになった。アッシュは音の立ち上がりがよく存在感がある、アルダーは中域に特徴がある、アメリカン・バスウッ … 続きを読む ストラトキャスター(Stratocaster)

» ストラトキャスター(Stratocaster)の続きを読む

ピック(Pick) 製品

セルロイドは最も古いピック素材。セルロイドのピックには伝統的な手触りがあり、弦に接触する表面がスムースで、そのトーンは暖かくまろやかで音楽的。さらに、非常に耐久性があります。 Terry Gould(テリーゴールド) テリーゴールドのピック 個人的にはTerry Gould(テリーゴールド)のピックを愛用しています。 ベースを弾く時にきちんと刻む系のサウンドのときは1.00のピックを、ピック弾きな … 続きを読む ピック(Pick) 製品

» ピック(Pick) 製品の続きを読む