BOSS(ボス)GE-7,GEB-7

BOSS イコライザー GE-7 音色づくりはもちろんハウリング対策にも BOSSコンパクト・エフェクター イコライザー GE-7 100Hz~6,4kHzまでのギターの音質補正に欠かせない周波数帯域のコントロールができ、幅広い用途に対応する7バンド仕様のグラフィック・イコライザー。ノイズ・カットやハウリング対策。 可変幅が±15dbあるので、幅広い音を作ることができる。 アンプ側のイコライザーで … 続きを読む BOSS(ボス)GE-7,GEB-7

» BOSS(ボス)GE-7,GEB-7の続きを読む

シェル(shell) ドラムの胴

ドラムのシェルの材質はウッド、金属(鉄、ステンレス・スティール、真鍮、アルミ、チタン、リン青銅、赤銅、合金)、合成樹脂など様々である。 そのうち木胴(ウッドシェル)と金属胴についてみていこう。 木胴(ウッドシェル) ドラムシェル 木胴は金属胴に比べてよりアコースティックなサウンドがその特質。木胴の場合は外気の湿度、さらには製造から経た年月によってもそのサウンドは微妙に変化する。 木胴の材質 木胴の … 続きを読む シェル(shell) ドラムの胴

» シェル(shell) ドラムの胴の続きを読む

ピック(pick)

ピック(pick)は主に親指と人差指で挟み、爪の代わりに弦にあててギターやベースを鳴らす道具です。 ピックはその材質、厚さ、形状などが音の差に表われます。 ピック(pick)の材質 ピックの材質は主に、プラスティック、ナイロン、セルロイド、デルリン (Delrin,ポリオキシメチレン,Polyoxymethylene) などの樹脂系、アルミ、ステンレスなどの金属系、べっ甲などが用いられます。 使用 … 続きを読む ピック(pick)

» ピック(pick)の続きを読む

ボディ材 ギターやベースのボディ素材

ギターやベースなど、楽器のボディ材でかなり音が異なるので、一般的な材のおおまかな特徴を列挙してみよう。 アルダー(Alder) アルダー(Alder)は、カバノキ科ハンノキ属の広葉樹。主な産地は太平洋北西海岸。 クリアで枯れた感じのするタイトな中域がしっかりしたバランスのいい音。 アッシュと並びギター・ベースのボディ材として広く使用される。重量は軽い。 アッシュ(Ash) アッシュ(Ash)は音ヌ … 続きを読む ボディ材 ギターやベースのボディ素材

» ボディ材 ギターやベースのボディ素材の続きを読む

モジュレーション(Modulation)系エフェクター

モジュレーション(Modulation)系エフェクターは、原音に揺らぎやうねりをあたえる。コーラス、フランジャー、フェイザー、トレモロ、ワウなど。 コーラス(Chorus) コーラス(Chorus)は、ディレイ回路を使用して微妙に遅らせた信号を原音にミックスし、2本がユニゾンしているような厚みある音を作り、ゆらぎと空間的な広がり、音的色彩感をもたらしてにじむような音を作るエフェクター。タイミングの … 続きを読む モジュレーション(Modulation)系エフェクター

» モジュレーション(Modulation)系エフェクターの続きを読む

空間系(反響、残響系)エフェクター

空間系(反響、残響系)エフェクターは、ディレイ、リバーブなどである。 ディレイ (Delay) ディレイ (Delay)は、反響音(エコー)をシミュレートし、山びこのように音を遅れさせる空間系エフェクター。音を少し遅らせて、原音に遅れた音をミックスすることによって、ふたつに聴こえるようにすることで、一定の間隔で山びこのような音がかえってくる感じ(エコー効果)を作る。操作次第では、ステレオ効果や広い … 続きを読む 空間系(反響、残響系)エフェクター

» 空間系(反響、残響系)エフェクターの続きを読む