指弾き(ツー・フィンガー)

指弾き(ツー・フィンガー) 指弾きは、基本的には右手人差指と中指を使う、もっとも基本的であらゆるタイプのサウンドをカバーできる奏法で、甘く温かみのある丸くて太い音が得やすく、繊細かつ微妙な強弱(表情)をつけやすい。特に、ソフトなアタック感が要求されるフレットレスやアコーステイヅク、エレアコなどでは、指弾きが圧倒的に多い。 あらゆるフレーズに対応可能で、スラッピングやスリー・フィンガー=(アルペジオ)などの他の奏法にも移行しやすいのでサウンドのバリエーションも豊富。特にペースの場合はトリッキーなフレ一ズの多くは指弾きによるものが多く、変則フレーズやコード弾き、アルペジオなど、さまざまなテクニック … 続きを読む 指弾き(ツー・フィンガー)

» 指弾き(ツー・フィンガー)の続きを読む

ピック(pick)

ピック(pick)は主に親指と人差指で挟み、爪の代わりに弦にあててギターやベースを鳴らす道具です。 ピックはその材質、厚さ、形状などが音の差に表われます。 ピック(pick)の材質 ピックの材質は主に、プラスティック、ナイロン、セルロイド、デルリン (Delrin,ポリオキシメチレン,Polyoxymethylene) などの樹脂系、アルミ、ステンレスなどの金属系、べっ甲などが用いられます。 使用材によってピックの硬さと弾力性の両方が変わり、音とプレイアビリティの両面に影響を与えます。一般に、硬い素材ほど硬くアタック感のある音が得られ、柔らかいと芯がない音になり、減りも早い傾向にあります。 ピ … 続きを読む ピック(pick)

» ピック(pick)の続きを読む

弦(string)

弦には、太さ(ゲージ)、長さ(スケール)、材質、巻き方(表面処理)に違いがある。 太さによる特色としては、 太ければ、弦の張力が増して弾いた時の感触が硬く感じ、太く締まったもので音量も得られ、 細ければ、柔らかく、軽く明るい感じといったところだろう。 楽器のスケールに合わせて長さに多少のバリエーションがある。 材質としては、ニッケル(メッキ)(やわらかく落ち着いた標準的な音色)、ステンレス(ブライトで硬く高音のはっきりした音色)が一般的だが、この他、クロム、ナイロン、プラスやゴールドなどがある。 弦の巻き方による分類 弦の巻き方による分類は、以下のとおりである。 ラウンド・ワウンド弦 (Rou … 続きを読む 弦(string)

» 弦(string)の続きを読む

チューニング(tuning)

チューニング(tuning、調弦)とは、ペグを操作して正確に音を合わせることである。 楽器には音域があり、その音はヘルツ(Hz)という周波数の単位で表す。一般的なピッチ(音程)はA=440Hz、オーケストラでは442Hzで合わせる。 主にチューナーを用いる方法と音叉等で軸となる音(A)を合わせてから各弦を調整する方法がある。 レギュラーチューニング レギュラーチューニングは、 ギターは低い方の弦(6弦)からEADGBE ベースは低い方の弦(4弦)からEADG であるが、半音下げ(すべての弦で半音ずつ下げる)や1音下げなどもあり、また、オープンDやオープンEなど、全ての開放弦のみを弾くことでコー … 続きを読む チューニング(tuning)

» チューニング(tuning)の続きを読む

ボディ材 ギターやベースのボディ素材

ギターやベースなど、楽器のボディ材でかなり音が異なるので、一般的な材のおおまかな特徴を列挙してみよう。 アルダー(Alder) アルダー(Alder)は、カバノキ科ハンノキ属の広葉樹。主な産地は太平洋北西海岸。 クリアで枯れた感じのするタイトな中域がしっかりしたバランスのいい音。 アッシュと並びギター・ベースのボディ材として広く使用される。重量は軽い。 アッシュ(Ash) アッシュ(Ash)は音ヌケが良い木材。 ホワイトアッシュ(White Ash) ホワイトアッシュ(White Ash)は、ワイドレンジで腰のある中低音とクリアーな中高域を持ち、音の立ち上がり音ヌケが良くクリアで締まった音。輪 … 続きを読む ボディ材 ギターやベースのボディ素材

» ボディ材 ギターやベースのボディ素材の続きを読む

イコライザー(Equalizer、EQ)

イコライザー(Equalizer、EQ)とは、音の周波数を帯域ごとに、カットやブースト(増幅)する、すなわち、音声信号の周波数特性を変更する装置である。 倍音成分や高調波成分、ノイズ成分など、音声信号の特定の周波数帯域 を強調したり、逆に減少させて全体的な音質の補正(平均化) や 改善、あるいは積極的な音作りに使用する。個別のトラックや曲全体の音質補正をするのに欠かせない。 ハウリング(マイクで拾った音をスピーカーを使用して再生する際にスピーカーの音をマイクが拾ってフィードバックループが形成されることによって大きく不快な音が生じる現象)が起こった際に、スピーカーの音量を抑えずに音響特性に応じた … 続きを読む イコライザー(Equalizer、EQ)

» イコライザー(Equalizer、EQ)の続きを読む

ギター・ベース各部

ボディ   ギターやベースの形状を決める部分。基本的には木(アルダー、アッシュ、ライトアッシュ、マホガニー、メイプル、ポプラ等)でできており、音に多大な影響を及ぼす。 ネック 左手で握る部分。フレットが打ち込まれており(フレットレスもある)、ボディ同様、基本的には木(主にメイプル)でできている。 指板(フィンガー・ボード) ネックの正面部分。ネックとは違う材が貼られている場合もある。(ローズウッド(インディアン・ローズウッド)、ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)、エボニー、メイプル) フレット 音程を区切っている金属製のバー。 ヘッド ネックの先端に位置し、ベグが取り付けられて … 続きを読む ギター・ベース各部

» ギター・ベース各部の続きを読む

Sting Ray Rickenbacker 4003 Thunderbird Ⅳ(ベース)

ここではSting Ray(スティングレイ)、Rickenbacker 4003(リッケンバッカー4003)、Thunderbird Ⅳ(ギブソン・サンダーバード)とったベースについてご紹介しよう。 Ernie Ball Music Man Sting Ray レッド・ホット・チリ・ベッパーズのフリーを始めとするテクニカル系ベーシストに人気の高いスティングレイ(Music Man Sting Ray)が発売されたのは、1976年。このモデルが発売された当時、ミュージックマンで楽器の開発を担当していたのは、「レオ・フェンダー」で、その意味ではフェンダー・ベースの正常進化版がこのスティングレイであ … 続きを読む Sting Ray Rickenbacker 4003 Thunderbird Ⅳ(ベース)

» Sting Ray Rickenbacker 4003 Thunderbird Ⅳ(ベース)の続きを読む

Jazz Bass(ジャズベース)

ジャズベース (Jazz bass,一般的な略称はジャズベ、JB)とは、1960年にフェンダー社から発売されたエレクトリック・ベースで、レオ・フェンダー (Leo Fender) が設計開発した中では2機種目にあたる。 ジャズマスターの流れを汲むオフセット・コンター・デザインを導入したボディを持ち、プレシジョンベースのサウンドをさらに拡張し様々なジャンルに適応させるため、ピックアップ(PU)がフロントx1、リアx1の2つが搭載されるようになった。2つのピックアップのバランスを調整した幅広いサウンド・メイキングや、ブライトなトーンと腰のある中低域、全体的な倍音の多さが特徴。 このジャズ・ベースの … 続きを読む Jazz Bass(ジャズベース)

» Jazz Bass(ジャズベース)の続きを読む

投稿日: カテゴリー bassタグ

Precision Bass(プレシジョン・ベース)

1951年に発売されたプレシジョン・ベース(Precision Bass,一般的な略称はプレベ、PB)は、量産品としては世界で初めてソリッド(単板)ボディを採用したエレクトリック・ベースであり、また、楽器史上初のフレットを持つベースである。 1950年にプレシジョンベースのプロト・タイプ 当時のフェンダーの経営者であり、発明家でもあった故レオ・フェンダー(Leo Fender)は、“重くて大きいウッドベースは扱いづらく、フレットレスでは音程を合わせるのが難しい”といったベーシストたちの声を耳にし、そこからこのモデルの開発を思いつき、1950年にプロト・タイプが作られた。フレットによ … 続きを読む Precision Bass(プレシジョン・ベース)

» Precision Bass(プレシジョン・ベース)の続きを読む

投稿日: カテゴリー bassタグ