MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサー

MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサーエフェクターについて。 MXR M102 Dyna Comp Compressor MXR(エム・エックス・アール) Dyna Comp コンプレッサー(ギター用エフェクター) MXR M102 Dyna Comp Compressor 定番のギターコンプレッサー。パーカッシブなアクセントを付けたり、ロングサスティンのクリーンサウンドを演出。Sensitivityでサスティンとパーカッシブ感をコントロール。 電源9V: 乾電池006Pまたは9VACアダプタ MXR M132 Super Comp Compressor MXR M132 Super … 続きを読む MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサー

» MXR(エム・エックス・アール) コンプレッサーの続きを読む

BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズ

BOSS(ボス) マルチエフェクター GTシリーズ BOSS GT-100 マルチエフェクター 最新カスタムDSPと飛躍的に進化したCOSMテクノロジーによる革新的なオリジナル・アンプを搭載。ユーザー・インターフェースも一新したBOSSフロア・マルチ・シリーズのフラッグシップ・モデル。 GT-100は、圧倒的なサウンド・クオリティと弾き心地の良さで世界中のギタリストから絶大なる支持を得るGTシリーズの最高峰モデル。 強力な性能を誇る最新のカスタムDSPチップにより、既存のアンプを超越したオリジナル・アンプ「ADVANCED AMP」を新たに搭載。 また、ビンテージ・アンプのモデリングもその表現 … 続きを読む BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズ

» BOSS(ボス)マルチエフェクター GTシリーズの続きを読む

BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズ

BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズについて。 BOSS ME-70 マルチエフェクター BOSS ME-70 マルチエフェクターは、ME-50から継承した使いやすさや伝統的なフォルムはそのままに数多くのコントロールを残す事でまるで使いなれたコンパクトエフェクターを並べただけのようなBOSSのイキな計らいを残して新DSPチップによる音質向上はもちろん、Legendシリーズや上位機種であるGT-10から新たに引き出されたCOSMプリアンプ機能を搭載。 同じくGT-10より、最大38秒もの大容量記憶が可能なPHRASE LOOP機能を搭載。 さらにGT-10で大好評であった機能とも言 … 続きを読む BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズ

» BOSS(ボス) マルチエフェクター MEシリーズの続きを読む

ディレイ (Delay)エフェクター

ディレイ(delay)は、信号が遅れることで信号を遅延させるディレイ・マシンやエフェクターを略称してこう呼ぶこともある。 このディレイは、反響音(エコー)をシミュレートし、山びこのように音を遅れさせる空間系エフェクター。 音を少し遅らせて、原音に遅れた音をミックスすることによって、ふたつに聴こえるようにすることで、一定の間隔で山びこのような音がかえってくる感じ(エコー効果)を作る。 ディレイエフェクターの操作次第では、ステレオ効果や広いホールでプレイしているような残響感を出したり、遅れる時間を短くしてふたりでユニゾンで弾いているような効果を作ったり、リズムと遅れのテンポを合わせて単独では弾けな … 続きを読む ディレイ (Delay)エフェクター

» ディレイ (Delay)エフェクターの続きを読む

BOSS(ボス) デジタルディレイ

ディレイエフェクターのうち、BOSS(ボス)のデジタルディレイについて。 BOSS ディレイ DD-3 BOSS ディレイ DD-3は、ディレイ・タイムの3段階モード切り換えに加えて、ディレイ・タイムの微調整ができるD.TIMEコントロールを搭載。12.5ms~800msまでディレイ・タイムを連続可変できスピーディに設定できる。 さらにBOSS ディレイ DD-3はホールド・モードも内蔵。出力にはバイパス音とエフェクト音を個別に出力できるダイレクト・アウトを搭載し、レコーディング、ライブに関わらず多彩なサウンド・メイクが可能。 コンパクトな筐体にラック・クオリティのディレイ機能を内蔵した“ボス … 続きを読む BOSS(ボス) デジタルディレイ

» BOSS(ボス) デジタルディレイの続きを読む

フランジャー(Flanger)エフェクター

主にギターのエフェクターとして使用されるフランジャー(Flanger)について。 フランジャー(Flanger) ディレイ回路を使用して微妙に遅らせた信号(0.5~5msec前後)を原音と干渉させて、ピッチ上下がハードでシャープなトレモロ効果を得られ、ジェットサウンドを作り出すことのできるエフェクター。 ⇒モジュレーション(Modulation)系エフェクター BOSS フランジャー BF-3 BF-3は過激なまでに強烈な効果のULTRAモードを含む、ステレオ接続時のパンなど、4つの多彩なモードで、これまでにない新しいフランジング・サウンドを獲得。強烈なインパクトのパフォーマンスを実現。 さら … 続きを読む フランジャー(Flanger)エフェクター

» フランジャー(Flanger)エフェクターの続きを読む

MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)

MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー) MXR M108 10 Band Graphic EQグラフィックイコライザー MXR M108 10 Band Graphic EQは10帯域のイコライザーとボリューム、ゲインコントロールを搭載したグラフィックイコライザー。ギターだけではなく、ベースやキーボードにも対応。 M-109より細かい調節ができ、入出力別のレベルコントロールがあるため、シングルPUからハムバッカーまで適切なゲインコントロール (+/-12dB)ができる。 EQ基本となる音色のセッティングからハウリング対策まで、自在なコントロールが可能 … 続きを読む MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)

» MXR 10 Band Graphic EQ(10バンドグラフィックイコライザー)の続きを読む

コーラスアンサンブル(Chorus Ensemble)

BOSS ボス コーラスアンサンブル CE-5 Chorus Ensemble多彩なコーラス・バリエーションを表現低域と高域をコントロールする2バンド・フィルターでアクティブに音づくりできるニュー・コーラス。 シャープなコーラス効果から、名器CE-1ゆずりのマイルドでさわやかな効果まで多彩に表現できる。 幅(W):73 mm・奥行き(D):129 mm・高さ(H):59 mm 質量:410 g 電源:006P(1個)、ACアダプター(PSA-100) 消費電流:18mA(DC9V) CE-1 Chorus Ensemble BOSSのエフェクター第一号機。 1IN2OUTで Roland Ja … 続きを読む コーラスアンサンブル(Chorus Ensemble)

» コーラスアンサンブル(Chorus Ensemble)の続きを読む

ダイレクトボックス(Direct lnjection Box、DI)

ダイレクトボックス(Direct lnjection Box、DI)とは、電子楽器などの出力を直接ミキシング・コンソールに接続するために用いるインピーダンス変換器であり、楽器を収音する際、マイクロフォンとは違い、本体に装備される「ライン出力」から、空気を介さずに直接音声信号を収録するときに使用する装置である。 インピーダンス変換と不平衡→平衡信号への変換、低インピーダンスヘの変換、バランス出力への変換がその目的。フォーンプラグベースの出力端子でもあるフォーンプラグはアンバランス出力。キーボードなどもライン出力なので、ダイレクトボックスを用いる。 信号出力がアンバランス式であったり、高いインピー … 続きを読む ダイレクトボックス(Direct lnjection Box、DI)

» ダイレクトボックス(Direct lnjection Box、DI)の続きを読む

BOSS(ボス)GE-7,GEB-7

BOSS(ボス)のGE-7,GEB-7について。 BOSS イコライザー GE-7 音色づくりはもちろんハウリング対策にも BOSSコンパクト・エフェクター イコライザー GE-7 100Hz~6,4kHzまでのギターの音質補正に欠かせない周波数帯域のコントロールができ、幅広い用途に対応する7バンド仕様のグラフィック・イコライザー。ノイズ・カットやハウリング対策。 可変幅が±15dbあるので、幅広い音を作ることができる。 アンプ側のイコライザーでは調整しきれないポイントの音質補正やノイズの出ている帯域のカット、そしてリード・トーンのサウンド・メイクからブーストまで細かく設定が可能。。レベル・コ … 続きを読む BOSS(ボス)GE-7,GEB-7

» BOSS(ボス)GE-7,GEB-7の続きを読む

ピック(Pick) 製品

セルロイドは最も古いピック素材。セルロイドのピックには伝統的な手触りがあり、弦に接触する表面がスムースで、そのトーンは暖かくまろやかで音楽的。さらに、非常に耐久性があります。 Terry Gould(テリーゴールド) テリーゴールドのピック 個人的にはTerry Gould(テリーゴールド)のピックを愛用しています。 ベースを弾く時にきちんと刻む系のサウンドのときは1.00のピックを、ピック弾きながら少し指弾きっぽい音を作りたいときは0.60を使っています。 プレベとジャズベを使い分けていて、プレベではTerry Gould(テリーゴールド)の1.00のピックを使い、ジャズベでは0.60を使用 … 続きを読む ピック(Pick) 製品

» ピック(Pick) 製品の続きを読む

インシュレーター(insulator)

インシュレーター(insulator) インシュレーターはケーブルと並んでアクサセリーの王様といわれる。早くから各種のものが開発され、そうしたノウハウはボードやラックにまで生かされることとなった。ボードとの大きな違いは、同じようにコンポを支え振動処理を行うものでも、ボードは床などに敷くものであり、関わりが間接的なのに対し、インシュレーターは、コンポの「足がわり」をしてより直接的にはたらきかけることにある。インシュレーターはサイズ的に小さく、四個または三個ワンセットでその機能を発揮する。広い面全体でコンポを受け止めるボードとは異なり、インシュレーターは原則的に小面積での接触か、点接触に近い。イン … 続きを読む インシュレーター(insulator)

» インシュレーター(insulator)の続きを読む

オーディオボード(audio board)

オーディオボード(audio board) 土台が揺らいでいたり軟弱だったりするとサウンドは安定しない。その代表例が畳であるが、フローリングであっても、安心とはいえない。 そこで土台から固めるのがオーディオボードの役割である。またスピーカーが鳴ると、その振動がさまざまな形で床を伝わり、プレーヤーやアンプなど、他のコンポに悪影響を及ぼす。これもきちんと振動から遮断するなど、濁りのない本来のサウンドを引き出す必要がある。こう考えてくると、ただの平らな板ではいけないと理解できる。 素材と構造の両面から割り出された各社の製品には、深いノウハウが詰まっており、現在のオーディオボードは、振動力学の最先端で … 続きを読む オーディオボード(audio board)

» オーディオボード(audio board)の続きを読む

ピック(pick)

ピック(pick)は主に親指と人差指で挟み、爪の代わりに弦にあててギターやベースを鳴らす道具です。 ピックはその材質、厚さ、形状などが音の差に表われます。 ピック(pick)の材質 ピックの材質は主に、プラスティック、ナイロン、セルロイド、デルリン (Delrin,ポリオキシメチレン,Polyoxymethylene) などの樹脂系、アルミ、ステンレスなどの金属系、べっ甲などが用いられます。 使用材によってピックの硬さと弾力性の両方が変わり、音とプレイアビリティの両面に影響を与えます。一般に、硬い素材ほど硬くアタック感のある音が得られ、柔らかいと芯がない音になり、減りも早い傾向にあります。 ピ … 続きを読む ピック(pick)

» ピック(pick)の続きを読む

ケーブル素材と特徴

ケーブルに起こる様々な現象を回避するために行われてきた各要素の工夫について見ていこう。 まず導体であるが、純度、結晶構造の側面から考えることができる。 純度について 金属には通常不純物が含まれており、その純度はパーセントで表され、通常は99.999…という数値になる。「9」の数で純度を表すので、「nine」頭文字から何Nという表示をする。7Nであれば9が7つ=99.99999%の純度=0.00001%が不純物となる。 一般的な銅線は4N(99.99%)程度で通常は6Nまで。 一般的には純度が高いと結晶構造の乱れがなく、それだけ信号の通りがよいとされる。 結晶構造について銅は結晶を持っており、主 … 続きを読む ケーブル素材と特徴

» ケーブル素材と特徴の続きを読む